【夏詣とは?】 夏詣特別御朱印のページはこちらから!

 我々日本人は大晦日に「年越しの大祓」で一年の罪穢れを祓い清め、翌日の元日は新しい年に始まりとして、
その年の平穏を願い神社・仏閣に詣でる「初詣」を行います。

 
 その始まりから六ヶ月、同じく罪穢れを祓い清める「夏越の大祓」を経て、過ぎし半年の無事を感謝し
来る半年の更なる平穏を願うべく、年の半分の節目として、七月一日以降にも神社・仏閣に詣でます。
 
 平成二十六年(2014)に浅草神社から提唱した「夏詣」。
今年は六年目を迎えて、浅草から台東区、そして東京から全国津々浦々の神社・仏閣へ広がりを見せています。


 この新たな習慣を「夏詣」と称して、我が国の守り伝えるべき風習となるよう、共に育てていきたいと思います。


 令和元年の今夏、國分八幡宮においても、初めての「夏詣」(6/30~7/7)を実施致します!



 

  夏越大祓神事

  場所:祓戸神社

  日時:6月30日(日)午後3時~


  ※どなた様でもご自由にご参列いただけます。
  半年間の罪穢れを祓い清めて、残り半年を心身共に健やかにお過ごしくださいませ。

  ◆茅の輪くぐり◆

  場所:祓戸神社前

  期間:6月30日(日)~7月7日(日)

  ※期間中は、日時に関係なく輪くぐりが可能です。
  輪くぐりに必要な人形は神社に準備してあります(有料)
  方法は、神社に掲示致しております。

 

  ◆短冊の飾り付け◆

  期間:6月30日(日)~7月7日(日)

  ※短冊に願い事を書いて、境内に設置してある笹竹に結んでください。
  短冊は、神社にて準備(有料)してありますが、
  お家で書いた短冊を持参していただいても構いません。

  ◆七夕祭◆

  日時:7月7日(日)午後6時~

  場所:國分八幡宮拝殿

  ※どなた様でもご自由にご参列いただけます。
  夏詣の締めくくりの神事です。
  皆様が短冊に書いた大切な願い事が叶いますように、しっかりお祈り致します。

  ◆夏詣期間中、特別な御朱印を授与しております。
    夏詣特別御朱印のページはこちらから!